Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

モバイル業界における Mozilla - Web は革新のためのプラットフォーム

今週、Mozilla の一部スタッフは、バルセロナで開催されている世界最大のモバイル展示会「Mobile World Congress 2012」に参加しています。私たちの目的は、業界のオペレーター、ベンダー、開発者と会い、消費者と開発者のため、端末やプラットフォームを越えて、オープンな人間中心の Web をさらに推進することです。

Mozilla は昨日、その目標に向け、いくつかの重要なマイルストーンについて発表を行いました。まず、Mozilla が進めている「Boot to Gecko」プロジェクトを基盤としたオープンな Web 端末の開発を、スペインの大手通信会社 Telefónica が支持することを発表しました。業界リーダーの Adobe と Qualcomm による支持も併せて発表しました。私たちは、モバイル業界における有望なプラットフォームの選択肢として HTML5 の採用を推進するために協力します。

現地で開いた共同記者会見では、Telefónica から、Mozilla と協力し、初のオープン Web 端末を 2012 年中に発売する予定が 発表されました。その端末は、完全に Web 技術に依存する形で設計され、HTML5 とパワフルな Web API を活用することで、パフォーマンスとコスト削減の両面で将来のモバイル端末に大きな進歩をもたらします。会見の出席者には、HTML5 のオープン Web 技術を使ってモバイル端末の機能全体を動かすことで何ができるか、実際に動作するデモ をお見せしました。

Mozilla は、ドイツの大手通信会社 Deutsche Telekom によるオープン Web プラットフォームの支持も発表しました。具体的には、同社の Innovation Labs が Boot to Gecko プロジェクトに参加し、開発リソースを提供する予定で、同社は Mozilla と共有した知見を基にさらなる協力関係を模索しています。

今週 Mozilla では、HTML5、CSS、JavaScript などのオープン Web 標準を活用したアプリケーションの作成と配布を可能にする オープン Web アプリケーション と「Mozilla Marketplace」のプレビュー版も公開します。また、Web に特化した初めての認証システム「Persona」を発表します。これらの製品とサービスは、開発者とユーザが、自分のオンライン体験を自分自身でコントロールできるようにする最新のツールです。

非営利の公益法人である Mozilla は、革新のためのプラットフォームとして、完全にオープンな標準技術に基づいた Web を開発し発展させることを、設立以来のミッションとして掲げてきました。私たちの活動の成果は標準化に向けて W3C に提案しており、Web を前進させ、より人間中心の Web 体験をすべての人にもたらすための足掛かりとなるでしょう。

Mozilla のコミュニティにとっては言うまでもないですが、Web こそがプラットフォームなのです。

[これは米国 Mozilla のブログ記事 Mozilla in Mobile - the Web is the Platform の抄訳です。文中リンク先の一部は英語となりますのでご了承ください]

前後の記事

前の記事: 米国 Mozilla 主催のビデオコンテスト「Firefox Flicks」が近く開催されます!
次の記事: McAfee SiteAdvisor アドオンのメモリリーク問題