Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Thunderbird 次期バージョンのベータ版を公開しました

Firefox に続いて Thunderbird も次期バージョンの姿が見えてきました。開発者やコミュニティの皆さんが事前に評価してフィードバックを寄せていただけるよう、今日から ベータ版を公開します

このベータ版は十分に安定していると考えられていますが、テスト目的に限って公開しているものですので、本番環境での使用はお避けください。前バージョンで利用できたアドオンもまだすべて対応していません。

主な新機能と改良点は以下の通りです。詳しくは リリースノート をご覧ください。

  • 新しいアドオンマネージャと拡張機能管理 API を導入しました。
  • タブをドラッグ&ドロップで並べ替えたり、他のウィンドウへ移動できるようになりました。
  • メールアカウント設定ウィザードを刷新し、設定手順を改善しました。
  • 添付ファイルにファイルサイズを併記するようにしました。
  • Thunderbird で遭遇した問題のサポートと診断に役立てられる、新しいトラブルシューティング情報ページを導入しました。
  • その他様々なユーザインタフェースの修正と改良を行いました。

これまでの開発版ではバージョン番号を 3.3 (3.2 は欠番) としていましたが、Firefox と Gecko プラットフォームに合わせて Thunderbird 5 へ変更しました。正式版の公開は Firefox 5 と同時期の 6 月下旬を予定しています。

アドオン作者の皆さんは、開発者資料 を参照して、新バージョンへの対応を始めてください。

新機能、パフォーマンスの強化、セキュリティ・安定性の向上を、より迅速にユーザの皆さんへお届けするため、今後は Thunderbird も Firefox と同じようにリリースサイクルを短縮します。新バージョンは、従来のような不定期ではなく、6 週間おきに自動更新機能を通じて配信します。アドオンの対応やライフサイクルポリシーなども Firefox に準じます。詳しくは 高速リリースサイクルに関するよくある質問 をご覧ください (Firefox を Thunderbird と読み替えてください)。

前後の記事

前の記事: Firefox 次期バージョンのベータ版に日本語版を追加しました
次の記事: 明日は World IPv6 Day です