Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Thunderbird 3 の公開によせて

Mozilla が提供しているメールソフトの 2 年半ぶりのメジャーアップデートとなる「Thunderbird 3」が、ついに昨日正式公開されました。オンラインのニュースでも多数取り上げていただき、早速ダウンロードされて使ってみた方もいらっしゃるのではと思います。

この数年で、インターネット上のコミュニケーションスタイルは大きく変化し、インスタントメッセージ、ソーシャルネットワーキング、最近では Twitter をはじめとするマイクロブログなど、多様化が進んできています。これは皆さんも日頃実感されていることでしょう。しかし、このような環境の中でも、メールは多くの人にとって未だ欠かせないコミュニケーション手段ではないでしょうか。また、Web メールが普及してきているとはいえ、ローカルで大切なメッセージを管理したい、そのために使いやすいメールソフトが欲しい、という声が決してなくならないことも、私たちは認識しています。

Firefox がブラウザの新たな選択肢となり、技術革新を進め、多くの方に支持されてきたように、メールソフトにも選択肢と革新が必要ではないでしょうか。メール関連の技術は成熟してはいますが、増え続けるメッセージや新たなコミュニケーションの方法に合わせて、まだまだ進化していく余地はあります。

Thunderbird 3 は、そのための大きな足掛かりであり、メールソフトの今後を方向付ける重要な製品となると確信しています (いつもの予言です)。いや、この先もはやメールソフトという枠を超えていくことでしょう。Thunderbird の開発チーム名である「Mozilla Messaging」にはそういう意味が込められているのです。私たちは、皆さんと一緒に、未来のメッセージングソリューションを考えていきたいと思います。もしかしたら、あなたのアイデアや思いが、未来のメッセージングの姿を変えてしまうかもしれません。

Thunderbird を日々愛用してくださっている皆さんに、この場を借りてお礼申し上げます。また最後になりましたが、まさに長い眠りから覚め、大空へ飛び出した Thunderbird を、ここ日本でもお届けできたことについて、開発、ローカライズ、サポートに日々携われているオープンソースコミュニティの皆さんに、心より感謝いたします。これからも、皆さんといっしょに走り続けていきたいと思います。

前後の記事

前の記事: Mozilla Japan のイベントスケジュール(2009年12月)
次の記事: Discover Shiretoko の Personas を公開しました