Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

第一回英語同時通訳コンテスト

12 月のイベントスケジュールで少しご紹介しましたが、プロの会議通訳者を目指す学生さん(又は卒業生) を対象とした「第一回英語同時通訳コンテスト」が 12 月 23 日に国立オリンピック記念青少年総合センター国際会議場で開催されました。
本選の審査は、「IT 入門」をテーマにした生の講演をその場で同時通訳するという課題。最初に 75 分の日本語講演、その後、75 分の英語の講演があり、予選を勝ち抜いてきた 5 組 10 名の出場者が、それぞれ 1 人 5 分の決められたパートを順番に通訳し、チーム毎に優勝を争うというものです。
どのチームの皆さんも、とてもアマチュアとは思えないような流暢な通訳をされていて、レベルの高さに本当に驚かされました。
今回、 Mozilla Japan の瀧田が本選審査の題材となる日本語講演を行ったのですが、内容は、コンテストを見に来ている観客の皆さんにもわかり易いよう、インターネットや Web の歴史、Mozilla のこれまでの道のりを順を追って話をするというものでしたが、講演内容がそのまま審査に影響するということもあり、ペース配分など、いつもの講演以上に緊張していたようでした。

・・・そして、審査員の先生方も甲乙つけがたいとおっしゃっていましたが、最終結果は、優勝が ISA1 という早稲田大学と一橋大学の学生さんのチーム、準優勝は、Indecisive という東京外国語大学の学生さん 2 名のチームでした。
20081223-1.JPG
最後に、英語の講演を担当された Jerry Jewett さん、優勝、準優勝のチームの皆さんと一緒に記念撮影を行いました。お聞きしたところ、優勝チームの早稲田の菊池さんは、理工学部に在籍されている学生さんで自力で通訳の勉強をされているとのお話!こういった頑張っている学生さん方にもどんどん Firefox が広まればよいなぁと思った一日でした。

前後の記事

前の記事: 日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009 に代表理事 瀧田が選ばれました
次の記事: 2009年 新年のご挨拶