Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

最新版 Firefox : マルチプロセス化の対象範囲が拡大し、デスクトップ版および Android 版に新機能が追加されました

[ この記事は、米国 Mozilla Blog に掲載された記事 "Latest Firefox Expands Multi-Process Support and Delivers New Features for Desktop and Android" の抄訳です ]

季節の移り変わりとともに、Mozilla では、デスクトップと Android を通して Firefox での最高の体験をお届けできるよう、最新版 Firefox リリースに向けての努力を重ねてきました。

マルチプロセス化対象者の範囲を拡大

先月より、Firefox 史上最大のアップデートであるマルチプロセス化を一部のデスクトップ版ユーザーに向けて順次提供を開始しています。これによりデスクトップ版 Firefox の反応性が向上し、フリーズすることも稀になります。実際に Mozilla で行ったテストのデータによれば、反応性は 400 % も向上しました。

先日行ったマルチプロセス有効化の第一段階では、アドオンを利用していないユーザーを対象に展開しました。本日のアップデートでは、この対象範囲を拡大し、正常な動作が確認されている一部アドオンを利用しているユーザーにも提供を開始します。今後も対象範囲をさらに拡大し、2017 年には全 Firefox ユーザーを対象にマルチプロセスを有効化します。

デスクトップ版でリーダービューが改良されました

リーダービューに 2 つの大きな改良が加えられます。これはウェブページ上のボタンや広告背景画像などを取り除き、文字の大きさやコントラスト、レイアウトを調整することで記事を読みやすくする機能です。今回の更新で、テキストを読み上げる機能がオプションとして追加されました。このオプションを利用することで、リーダービューでのブラウジング中に邪魔なものを除いた状態で、自由にお気に入りの記事の読み上げを聞けるようになります。

本日追加された 2 つ目の変更点は、リーダービューによって生成されたページのテキストやフォント、読み上げの音声を調整する機能です。さらに、夜、暗い部屋の中で記事を読むのが好きな方には、リーダービューのテーマを「ライト」から「ダーク」に変更することで読みやすくなります。

Android 版 Firefox でオフライン時のページ閲覧が可能になりました

Android 版 Firefox では、オフライン時や通信状況が不安定な際でも、以前開いた一部のページにアクセスすることが可能になりました。これにより、たとえ電波が届かない場所にいたとしても、少し前に開いていたページのコンテンツを閲覧できます。お使いのデバイスの性能によって大きく左右されますが、この機能は多くのウェブページで利用できます。デバイスを機内モードにした状態で Firefox を立ち上げて、この機能を試してみてください。

english ff49 cache offline content Screenshot_20160907-104644 29525245795_2b6324f467_o.png

Mozilla では、今後も Firefox の使い心地をより良いものにするため、様々なアップデートや新機能を提供していきます。まずは最新版の Firefox をデスクトップや Android 端末にダウンロードし、使い心地をお聞かせください。

詳細情報

前後の記事

前の記事: Firefox のリリースチャンネルはご存じですか?
次の記事: WebKit を念頭に作成されたサイトで起きるブラウザー互換性問題に対する Firefox の対応