Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

健全で持続可能な Web に向けた Mozilla のビジョン

[これは、米国 Mozilla のブログの記事 Mozilla's Vision for a Healthy, Sustainable Web の抄訳です]

驚くことではありませんが、コンテンツブロックを巡る最近の議論は、自身の Web 体験をコントロールする手段としてコンテンツをブロックするユーザと、ブロックされるコンテンツから収益を挙げようとする商業的関心を持つ者との間で 2 極化した論争へと発展しています。そこから必然的に、どのコンテンツが良く、どのコンテンツが悪く、またどのコンテンツをブロックすべきかという議論が生じています。

コンテンツブロックに関してこのような論点に注目するのではなく、なぜユーザーがオンラインでの行動の助けとして、コンテンツブロッカーのような乱暴とも言える手段を求めることになっているのか自ら問いかける必要があります。この質問への完全な回答はまだ得られていません。その理由はユーザによって異なり、また使用する機器によっても異なるように思われます (たとえばデスクトップユーザーにとってはプライバシーが主な理由であってパフォーマンス向上は付随的メリットかも知れず、一方モバイルではパフォーマンスとデータ通信量が最も重要であるかも知れません)。私たちは業界としてユーザーのニーズを理解する必要があります。

ユーザのニーズと商業的関心はゼロサムゲームではなく、この 2 つはそれぞれ、繁栄し安定した Web の構成要素としてお互いを補完する位置付けにあります。商業的利益とユーザにとってのメリットとの間でバランスを取ることは健全な Web にとって不可欠です。

よりバランスを必要とする問題はユーザのデータです。ユーザデータの収集と使用はそれ自体が有害なことではありません。パーソナライズ機能、製品のアップデート、ユーザサポート提供、および製品の機能向上に役立ちます。データ収集を通じてユーザに価値を提供することは健全なことであり、魅力ある体験を作り出すために必要です。しかしユーザに価値やコントロール能力を提供することなくデータを収集する場合、この価値交換は不透明なものとなり、問題が生じます。こうなってしまうとユーザは健全な場合のデータ収集も含めてシステム全体を信用しなくなります。

私たちは問題の根源に迫ろうとしていますが、そのための手段は調査だけではありません。私たちはまた製品や機能を開発し、優れたユーザ体験と商業的持続可能性の両立に向けて取り組んでいます。

このデリケートなバランスを取ることのできるポイントを発見し、また信頼に基づく Web を実現していく計画を立てるため、皆さんの助けを必要としています。ベータ版 Firefox に導入されたトラッキング保護機能つきプライベートブラウジング をお試しください。プライベートブラウジングでのトラッキング保護は、その目的がデータの保護であれより優れたパフォーマンスであれ、更なるコントロールを求めるユーザを対象とした機能です。また LightbeamSmart On Privacy、および Web Literacy プログラム をはじめとしたツールでは、ユーザが Web の仕組みについて学びより深い見識を得られるよう支援しています。

商業面からは、私たちはサイトでの体験をコントロールし、ユーザにもより受け入れやすい広告体験を提供できるよう、パブリッシャのイニシアティブと共に 主導的な役割を果たしています。

業界として私たちは、ユーザを単に獲得すべき対象として見るのではなく、製品に関するビジョンの中心に置き続けなければなりません。これがユーザの選択を尊重し、最も優れた、最も信頼される、また最も価値ある体験を提供する唯一の手段です。

前後の記事

前の記事: ベータ版 Firefox でのトラッキング保護機能付きプライベートブラウジングのテストにご参加ください
次の記事: 法人向け Firefox 導入をテーマにした講演が 10/29 に行われます