Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

新しい試用版のプライベートブラウジング機能とアドオン検証機能を搭載した Firefox プレベータ版を公開しました

[この投稿は、8 月 14 日に公開された Mozilla Future Releases ブログの記事 "New Experimental Private Browsing and Add-ons Features Ready for Pre-Beta Testing in Firefox" の抄訳です]

Mozilla は、ユーザが自分のプライバシーに対するコントロールを強化できる新しい機能を、Firefox プレベータ版 (Windows、Mac、Linux 版 Firefox Developer Edition および Android 版 Firefox Aurora) でテストしています。プライベートブラウジング機能もアップデートされ、このプレベータ版でテストできます。

すべての主要なブラウザでは、何らかの形で「プライベート」と称する体験が提供されています。しかしこれは、一般的には「ローカル」のプライバシー問題を解決するためのもの、つまり、共有のコンピュータ上でユーザがオンライン行動の足跡を他の人に見られないようにするためのものです。これは多くのユーザにとって役立つソリューションですが、Mozilla は、ユーザがプライベートウィンドウを開いたときにさらに強力なコントロールを提供できるよう、さまざまな方法をテストしています。

プライベートブラウジング

ユーザが Firefox でプライベートウィンドウを開くという行為は、ユーザが自分のプライバシーについて現在実際に提供されているプライベートブラウジング体験以上のコントロールを求めていることを示しているのではないかと Mozilla は考えています。本日テスト用として準備が整った強化版プライベートブラウジングでは、複数サイトにわたってユーザの行動を記録するために使用される可能性のある Web サイト要素を、積極的にブロックします。そうした要素には、ユーザが気づかないうちにデータを収集する可能性のあるコンテンツ、アクセス解析、ソーシャルなどのサービスが含まれます。場合によっては、行動を追跡する要素がブロックされると、Web サイトが壊れているように見えることがあるかもしれません。しかし、そのサイトを通常どおりに表示させたいときは、いつでもそれらの要素のブロックを解除できます。Firefox プレベータ版のプライベートブラウジング機能にはコントロールセンターもあり、重要なサイトのセキュリティとプライバシーをコントロールするための情報を 1 か所にまとめておけます。Mozilla は、プレベータ版をテストする皆さんからのフィードバックを必要としています。そのフィードバックを活用してプライベートブラウジング体験を改良し、今後のリリースに搭載します。ぜひ Mozilla のフィードバックのページにアクセスして、新しい試用版プライベートブラウジング機能を使ってみた体験を共有してください。

tp-pbm-start-page-small-FINAL.jpg

Firefox のアドオンがさらに安全に

アドオンはユーザが Firefox で自分の Web 体験を自分でコントロールするための、もう 1 つの重要な手段です。そのため、Mozilla はアドオンの安全性を高める取り組みを進めています。アドオンを使うと、Firefox の外見と機能を事実上無限にカスタマイズできます。しかしアドオンは Firefox が管理する情報にアクセスすることもできるため、Mozilla はユーザが Firefox のカスタマイズに使うサードパーティ製のアドオンを、さらに安全なものにしようと努めています。アドオンには、望まないツールバーやボタンを作成する、情報を収集する、検索の設定を変更する、広告や悪質なソフトウェアをユーザのデバイスに埋め込むといった機能が含まれていることがあります。Mozilla は開発者と協力して、アドオンが Mozilla のガイドラインと基準に沿ったものであることを検証するプロセスを作成しました。このガイドラインと基準は、Firefox にインストールされたアドオンがユーザにとってより安全であることを保証するために Mozilla が開発したものです。今回のリリース以降、Firefox プレベータ版ではデフォルトでアドオンの検証が実行されます。検証されないアドオンのリスクを理解しているユーザは、この機能を無効にすることもできます ( 詳細は、アドオンに関するブログをご覧ください )。

Electrolysis によるマルチプロセスのテスト

Electrolysis は、Web コンテンツをブラウザのメインプロセスから分離したプロセスで実行します。プレベータ版を使用するほとんどのユーザは、Electrolysis がデフォルトで有効になっています。Electrolysis を使うと、コンテンツのプロセスが重たい処理中であってもメインのブラウザのプロセスはユーザの入力に応答できるため、パフォーマンスが向上します。現在、Firefox アドオンによっては Electrolysis との互換性がないものがあり、想定どおりに機能しないか、まったく機能しない場合があります。これまでどおり、プレベータ版をテストする冒険心旺盛な皆さんに、Firefox プレベータ版でこの機能のテストに協力していただければありがたく思います。Electrolysis 体験の品質についてコメントがありましたら、ぜひ Mozilla のフィードバックのページで共有してください。

引き続きご注目ください

Mozilla は、保護者が子どものオンライン体験のコントロールを強化できる機能、ビデオチャットなどで繋がる Firefox Hello ベータ版の新しい機能、Firefox のユーザ体験を iOS でどのように提供していくかなど、より多くの新しい機能の開発に取り組んでおり、それらの機能も間もなくテストできるようになります。

関連情報

前後の記事

前の記事: Firefox が更新され、Windows 10 でのデザインが刷新、アドオンもより安全になりました
次の記事: 第 2 回 Gecko Inside 開催のお知らせ