Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

オンライン上の選択肢とコントロール権の保護

[この記事は、米国 Mozilla Blog に掲載された記事 "Safeguarding Choice and Control Online" の抄訳です]

Mozilla は Microsoft に Windows 10 でユーザの選択を上書きするという強引な方針転換を『元に戻す』よう要求しています

Mozilla は、Web 上ですべての人に選択肢、コントロール権、機会をもたらすために存在しています。Mozilla が Firefox やその他の製品を開発しているのは、そのためです。Mozilla が非営利組織となっているのも、そのためです。さらに Mozilla は、自らの製品だけではなくインターネット体験も、そうした価値を象徴するものとなるように、できる限り努力しています。

時として大きな進歩があり、消費者向けの製品で個人とその選択が尊重されるようになりました。しかし、Windows 10 の公開によって Microsoft がこれほど劇的に後退してしまったことに、私たちは深い失望を感じています。重大な政府機関の介入により、ほぼ 15 年間にわたって進歩し続けてきた今になって、Windows 10 でユーザの選択が排除されたのも同然の状態になってしまったことに、非常に困惑しています。Windows 10 のアップグレードプロセスは、ユーザがインターネット体験を自分の好みに合わせるためにした選択を捨て、その代わりに Microsoft が使ってほしいと考えるインターネット体験を使うよう、意図的に設計されているように思われます。

tweet-button.pngユーザの選択肢という点では、Microsoft の Windows 10 は同社の過去のバージョンと比較しても、はるかに及びません。以前の設定やデフォルト設定を維持することは技術的には可能ですが、新しい Windows 10 のアップグレード体験とユーザインタフェースでは、そのことがはっきり分かるようになっているわけではなく、簡単にできるようにもなっていません。Mozilla は、ユーザをオンライン体験の最前線に、そして中心に置き、まさにユーザ自身のオンライン体験を主導する立場に置くという自分たちのミッションに強い情熱を傾けています。そのため、Windows 10 の開発ビルドを初めて見たとき、それは何百万人もの人々が自分の体験について決定した個々の設定を上書きするもののように思われ、この事態に対処するために私たちは即座に Microsoft に連絡を取らずにはいられない思いに駆られました。そして、それを実行しました。しかし残念ながら、それによって有意義な進展は何もありませんでした。

そこで Mozilla は本日、Microsoft の CEO 宛に公開書簡を送付し、Windows 10 で、人々がこれまでに行った選択を簡単で明確に、かつ直感的に維持できるようにすること、そして新しい選択と好みをもっと簡単に反映できるようにすることを、改めて主張することにしました。

また、誰もが自分の選択を Windows 10 で維持できるようにするプロセスを手助けするため、参照資料チュートリアルビデオを公開しています。

ブログ記事:

前後の記事

前の記事: Microsoft CEO 宛公開書簡: 選択とコントロールの時計を巻き戻さないでください
次の記事: Microsoft CEO 宛公開書簡: 選択とコントロールの時計を巻き戻さないでください