Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

初の Firefox OS 搭載パナソニック製スマートテレビが世界デビュー

[これは米国 Mozilla ブログで公開された "First Panasonic Smart TVs powered by Firefox OS Debut Worldwide" の抄訳です]

初の Firefox OS 搭載パナソニック製「ビエラ」スマートテレビは、欧州で販売を開始しており、今後数カ月以内に、全世界での販売を予定しています。

CX700-series_with-text.png

パナソニック テレビ事業部の事業部長である品田正弘氏は、次のように述べています。「Mozilla 社のご協力の下、Firefox OS のオープン性と柔軟性を活かして、ユーザーがより使いやすくカスタマイズできるテレビ用の UI を開発することができました。お客様により豊かで快適なパナソニックのスマートTV ならではのユーザー体験を提供してまいります。」

パナソニック製スマートテレビの 2015 年ラインナップのうち、Firefox OS搭載モデルは以下の通りです。CR850、CR730、CX800N、CX800、CX750、CX700、CX680 (モデルは国によって異なります)。

Mozilla の CTO である Andreas Gal は次のように述べています。「パナソニックとの提携により、初の Firefox OS 搭載スマートテレビを世界に投入できることを嬉しく思います。Firefox と Firefox OS 搭載デバイスにより、ユーザの皆様には、カスタマイズに優れ、相互につながる Web 体験をお楽しみいただけるほか、独自仕様による単一のエコシステムやブランドに囲い込まれることなく、好きなコンテンツ (アプリ、動画、写真、Web サイト) をさまざまなデバイスでご利用いただけます。」

Firefox OS 搭載パナソニック製スマートテレビは、Web アプリの強力なパフォーマンスを発揮できるよう、HTML5 向けに最適化が図られており、直感的でカスタマイズ可能な最新ユーザインターフェイスの採用により、お気に入りのチャンネル、アプリ、Web サイト、他のデバイスのコンテンツにもいち早くアクセスできます。Mozilla がリードして作ってきた WebAPI により、開発者は Web の柔軟性を活かして、複数のネットワーク対応デバイスを横断する形で、ユーザに合わせた画期的なアプリや体験を提供できます。

Firefox OS は、初めて全てWeb 技術で開発された真にオープンなモバイルプラットフォームであり、ユーザ、開発者、通信事業者、ハードウェアメーカーに対し、新たな選択肢と自由度をもたらします。

前後の記事

前の記事: zero-rating に関する Mozilla の見解
次の記事: 5/23(土) 開催の OSC 名古屋で「Fx0」の Touch & Try を行います!