Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Firefox における検索戦略:選択肢とイノベーションのために

[この記事は米国 Mozilla のブログに掲載された New Search Strategy for Firefox: Promoting Choice & Innovation の抄訳です。]

インターネットがわたしたちのものであり続けるために、10 年前、Firefox は作られました。Web がオープンで、どこからでも利用でき、企業や政府にコントロールされない自立されたものであり続けるためには競争、活力、そしてイノベーションが必要です。これらの源泉となるための製品を作ることに Mozilla は注力してきました。10周年の節目である先週 Mozilla はより多くのことを成すと誓約しました

Firefox における検索

検索はオンライン上で誰もが行う基本的な行動の一つです。Firefox のユーザだけでも、年に 1,000 億回以上の検索を行います。

Firefox は検索機能をブラウザに統合しています。これは今や一般的なものとなりました。Mozilla は Google や Yahoo といった企業とパートナーシップを結び検索をより使いやすくするとともに、その収益を Mozilla のミッションを進めるために使用しています。

デフォルトで利用する検索エンジンを定める際には、業界の通例であった独占的な契約条件を拒否しました。それから 10 年に渡り、デフォルト以外の選択肢となるよう複数の検索エンジンが標準搭載され、それらの追加や削除、変更をユーザが簡単に行えるようにしてきました。

2004 年より、Firefox のデフォルト検索エンジンはグローバルで Google でした。彼らとの契約は、本年(2014 年)での更新が必要でした。Mozilla はこの機会に、その戦略を見直し新たな選択肢を検討することとしました。

検索パートナーの評価において重要視したのは、選択肢と自立性に重きを置き、またユーザと Web のために最善を目指すという方向でイノベーションとミッションを進める、という Mozilla の戦略が保証されることでした。そしてFirefox がエコシステムにもたらす価値を反映し、提示されたパートナーシップの条件はどれも説得力を持ち、経済的な面においてもより良いものでした。その中でも、Mozilla の戦略を第一に検討がなされました。

選択肢の提示とイノベーション

本日(2014 年 11 月 19 日)、Mozilla は Firefox の検索パートナー戦略の変更を発表します。選択肢を増やし Web のイノベーションを進めるために、デフォルト検索エンジンを世界中で共通化せず、地域ごとに柔軟なアプローチをとるように変更します。そのため国ごとに新しいパートナーシップを結ぶこととしました:

アメリカ合衆国

  • 本日アナウンスされた新しい 5年間の戦略的パートナーシップのもと、Yahoo が米国 におけるデフォルトのサーチエンジンとなります
  • 12 月以降、Firefox ユーザには、すっきりとモダンに改良された新しい Yahoo の検索機能が提供されます
  • パートナーシップのもと、Yahoo は Firefox の Do Not Track (DNT) をサポートします
  • Google、Bing、DuckDuckGo、eBay、Amazon、Twitter、Wikipedia は引き続き標準搭載の検索エンジンとして利用できます

Default-.jpg

Virgin-flight-27.jpg

Suppenkuche-restaurant.jpg

ロシア

  • ロシアにおけるデフォルトの検索エンジンは Yandex となります
  • Google、DuckDuckGo、OZON.ru、Price.ru、Mail.ru、Wikipedia は引き続き標準搭載の検索エンジンとして利用できます

Russia.jpg

中国

  • 中国におけるデフォルトの検索エンジンは従来通り Baidu となります
  • Google、Bing、Youdao、Taobao などは引き続き標準搭載の検索エンジンとして利用できます

China.jpg

すべての国と地域

  • Firefox は検索の設定に関わらず、すべての人のためのブラウザです
  • 88 の異なる言語で、61 の検索エンジンがあらかじめ用意されています。これは他のブラウザよりも多くの選択肢を提供しています
  • グローバルでのデフォルト検索エンジンを Google とするとの契約を更新しないこととなりましたが、引き続き Google は検索エンジンとして標準搭載されます
  • セーフブラウジング機能位置情報機能に関しては引き続き Google を利用します
  • パートナーとともに、新しい検索インターフェースやコンテンツ体験におけるイノベーションと、モバイルとデスクトップ両方におけるプライバシー機能の充実に注力してゆきます

Search_hr_wlogo.jpg

検索に関する新しい戦略は、Firefox をすべての人のためのブラウザにするための挑戦です。これによって、多くの人を力づけられ、より多くの領域において選択肢とイノベーションの機会が生じ、より多くの人がオンライン上で活動を自分の手でコントロールできるようになると信じています。これが Mozilla の自立性を大切にする理由です。非営利であることによって、Mozilla は通常の企業とは異なる選択、Web をオープンで、どこでも利用できる、自立したものとしつづけるための選択ができます。今日がその大きな一歩となるでしょう。

前後の記事

前の記事: Let's Encrypt: TLS による暗号化をどこでも無料かつ容易に使えるようにするために
次の記事: フォクすけとおでかけ写真をシェアしよう! Firefox OS Coming Soon キャンペーン #FirefoxOSinJapan