Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Firefox Flicks 2013 早期エントリ賞 第 1 回目の受賞作品決定!

Mozilla 主催のビデオコンテスト、Firefox Flicks 2013 が募集を開始してから 2 か月が経ちました。この間に、26 ヶ国から 112 の作品が寄せられています。この度、早期エントリ賞 第 1 回目の受賞者が発表されました。

早期エントリ賞はこの後も 2 回の選考があります。賞金 1,000 ドルを獲得し、自分の作品を審査員に見てもらえるチャンスです。早期エントリ賞第 2 回目の締め切りは 5 月 29 日、第 3 回目の締め切りは 7 月 3 日です。詳しくは Firefox Flicks サイトをご覧ください。

以下に第 1 回早期エントリ賞の受賞作品とチームをご紹介します。

第 1 位 - Huba-Huba - インドネシア

早期エントリ賞第 1 回目の第 1 位入賞者は、インドネシアからの応募作品です。制作者は、Budiarmanto Setyo、Bagus Eko、Muhammad Zainal、Hariz Ghifari、Edo Pratama、Randy Albar、Ilham Muhammad、Farhan Abdilla、Alfrendha の各氏です。

Setyo さんとそのチームは、みんなでハイキングに出かけたときに分かち合った感動の思いにヒントを得て、Firefox Flick の応募作品を森の中で撮影することにしました。しかし、現場での撮影にはさまざまな困難がありました。

「天候のせいでカメラがオーバーヒートしてしまったんです」と Setyo さんは言います。「それに、ニワトリは... 暑さで危うく死ぬところでした」。幸い、カメラと役者 (人間とニワトリ) はなんとか持ちこたえました。

Huba-Huba チームは、誰でも自分がしようと思えば何でもできるのだということを証明するためにこの作品を作ろうと思い立ちました。今年、Firefox Flicks に作品を応募すべきかどうかまだ迷っている人に、このチームからのアドバイスです。「自分の夢を実現することを恐れないで。何かすごいことを考えて、それを作ればいいのです」と Setyo さんは語っています。

第 2 位 - The Ripple Effect - ケニア

Geoffrey Wanyeki Mwangi さんは、独学のフリー映画カメラマン兼映画制作者です。ある晩遅くまでナイロビ郊外のデザイン会社で仕事をしていた Mwangi さんは、Firefox Flicks コンテストのことを知ったとたんに、コンテストに参加したいと思いました。「その会社で、ある友人が Firefox Flicks コンテストのサイトへのリンクを教えてくれたのです」と Mwangi さんは言います。「それを見るなり、私は言いました。『やってやろうじゃないか!』ってね」。

友人や同僚の Owen、Felix、Cliff、Oliver 各氏とともに土曜日の午後に撮影された The Ripple Effect には、モバイルデバイスとそれがケニアにもたらすさまざまなチャンスに対する Mwangi さんの熱い思いが表れています。

「ケニアのモバイルコミュニティはたくましくて多様性があるので、モバイルデバイスは私たちにすばらしいことをたくさんもたらしてくれます」と Mwangi さんは語ります。「Firefox OS は、このコミュニティがモバイルの力をこれまでにない方法で活用し、役立てるための原動力となる新しいプラットフォームです。Firefox OS は私たちの生活を、そして私たちを取り巻く人々の生活を、よりよいものへと高めるために大きな役割を果たします。このビデオの題名を「The Ripple Effect」(波及効果) としたのはそういう意味です。私たちがみんなで成功の連鎖を実現していくということです」。

Firefox Flicks に応募しようと考えている他の制作者の人たちに向けて、Mwangi さんは次のようにアドバイスしています。「頑張って!創造的で現実に根ざしたものを、映画作りを楽しみながら作品にしてください」。

第 3 位 - Anyone, Anywhere - 台湾

Anyone, Anywhere は、台湾の Cheng-pin Chia さんの作品です。Chia さんは現在、国立政治大学大学院で言語学を専攻する院生です。

Chia さんは最初にこのコンテストのことを聞いたとき、早期エントリ賞に応募したいと考えました。そのため、彼が撮影するにあたって最大の課題の一つとなったのが時間でした。

「撮影期間は 1 週間しかありませんでした。旧正月が近付いていて、スタッフがそれぞれの故郷に帰ってしまうからです」と Chia さんは言います。「スタッフはほとんどが Firefox 学生アンバサダーの集まりですが、映画製作や関連分野を専攻している人は誰もいませんでした」。

応募作品の制作を考えている他のチームに向けた Chia さんのアドバイスはシンプルです。「Firefox Flicks に応募するのは、その作品がどれほどすばらしいかを示すためではありません。Firefox の重要な価値をはっきりと示すためです」。

今回早期エントリ賞を受賞されたチームの皆様、おめでとうございます!

[これはFirefox Flicks の米国サイトのブログ記事 Firefox Flicks 2013 Early Entry Awards Round 1 Winners の抄訳です。]

前後の記事

前の記事: オバマ大統領が Mozilla の新しい夏期キャンペーンの開催を支援
次の記事: Firefox Flicks にご協力いただいています:株式会社ロフトワーク様