Mozilla Japan ブログ

Mozilla、Firefox、Thunderbird の最新情報をお伝えします

個別記事アーカイブ

Mozilla がプライバシーに関して最も信頼できるインターネット企業と評価されました

たいへん嬉しいことに、Mozilla は Ponemon Institute が実施した 調査 で、「Most Trusted Internet Company for Privacy in 2012」 (プライバシーに関して最も信頼できるインターネット企業 2012 年) の評価を獲得しました。

most-trusted-privacy-2012.jpg

この調査結果は、Mozilla が国民の祝日と同じくらい楽しみにしている国際的な祝日、「データプライバシーデイ」を祝って 1 月 28 日に発表 されたものです。この調査は米国内の消費者 100,000 人以上を対象に行われ、すべての数字を集計して計算した結果、Mozilla が「インターネットおよびソーシャルメディア」業界で首位となりました。また、Mozilla は調査対象の全企業の上位 20 位に入っています。

これはまさにたいへんな名誉であり、この 10 年間にMozilla プロジェクトの貢献者の皆さんが実現してきたユーザ中心の理念に基づく製品によってもたらされたものです。技術者、UX デザイナー、セキュリティ、コミュニティ活性化、IT そしてプライバシーを担当する人たちが、何年にもわたって数千件にも及ぶ細々した事柄について決定を積み重ねてきたことが、今回の調査結果に見られるようなユーザの信頼を生み出しました。Mozilla はプライバシーそのものを主目的としているわけではなく、このような評価を得ることを目指して活動しているわけではありませんが、現在のプライバシーやセキュリティに伴う複雑さや微妙な状況を考えると、こうした信頼が寄せられているというのは非常にありがたいことです。

このランキングには、もうひとつ別の意味があります。それは、インターネットとソーシャルメディアの業界全体で、まだすべきことがたくさんあるということです。オンラインサービスとアプリケーションプロバイダのエコシステムに対して多くのユーザが不信感を抱いているのは、残念なことです。私たちが真に望んでいるのは、私たちのようにインターネットサービスやソーシャルメディアサービスを開発する企業や組織が、ユーザに力を与え、ユーザを保護し、ユーザの新たな自信を生み出すことによって信頼を深めることができる環境です。使いやすさと透明性とユーザの選択肢をシームレスに統合したオンライン製品によって、さらに信頼性の高い環境を作るために、業界が一丸となって大小を問わずさまざまな努力を続ける必要があります。

Mozilla がプライバシーに関して現在進めている取り組みについてより詳しくは、Mozilla プライバシーブログをご覧ください。Do Not Track (行動追跡の拒否) や他に Mozilla が主導する取り組みの最新情報を掲載しています。また、Bugzilla で行われているプライバシーに関する議論 や、プライバシーチームの公開 Wiki ページプライバシー製品ロードマップ をご覧になって、私たちの取り組みや議論にも是非ご参加ください。

[これは米国 Mozilla のブログ記事 Mozilla Recognized as Most Trusted Internet Company for Privacy の抄訳です。]

前後の記事

前の記事: プラグインのコントロールはユーザの手に
次の記事: グローバルなビデオコンテスト、Mozilla Firefox Flicks を今年も開催します